FC2ブログ

漆喰ワークショップ 7/26(日)、8/2(日)  

漆喰WS

このチラシのとおりです。
塗り壁が好きな方、体験してみたい方、運動不足を解消したい方、モノヅクリが好きな方、お子さんに仕込みたい方、動機はともあれ、現場でお会いしましょう。
スポンサーサイト



Posted on 16:07 [edit]

category: 出来事/掲示板

tb: 0   cm: 0

公開講座のお知らせ。「知識無用の建築学」  

知識無用パンフ


全五回、建築を専門とされていない、一般の方々が、愉しくなるようにと、脳みそを絞ってお話ししたいと思っております。日程は、最初の一回目以降、まだ未定ですが、逐次アップして参ります。
詳しいお問い合わせは、こちらからお願いいたします。「手の間」のページへ

Posted on 04:27 [edit]

category: 出来事/掲示板

tb: --   cm: 0

Earth Diving in Akasaka 2/1-2/7  

20150129_tenoma.jpg
「ところが、昔の人はそんなふうには考えなかった。彼らは自分達がその上で暮らしをいとなんでいる大地は、もともとがふるふると揺れている鯰や龍の背中に乗っているような、じつに不安定なもので、鯰や龍がなにかの拍子にからだをひと揺すりするだけで、背中の上でくりひろげられていた平穏な日常生活などは、ひとたまりもなく崩れ去っていくものだ、という感覚をもって生きていた。(中略)だから、彼らは地震のような大災害に見舞われても、ただ呆然と悲嘆に暮れているのではなく、もう次の日の朝になれば、ふたたび鯰や龍の背中の上に、自分達の新しい生活を立て直すべく、せっせと働きはじめたのだった。」

思想家の中沢新一氏が、アースダイバー(2005/講談社)の文中で、縄文期の東京地図を想像しながら、土地と人間の関係を示した一文。アースダイビングという都市徘徊からみえてくる、最も面白い部分かと、思わず抜粋。

ややもすれば、この手の想像力は、考古学的指向ならではの(現代から)隔絶世界となりがちなものだが、そうではなく、過去、しかもずっと太古からの大地の変遷とその時々の状態が、現代の都市の構造にもれなく影響をもたらしているだろうことを、これらの都市徘徊は愉しくほのめかしてくれる。

もっと大袈裟にいえば、上記引用のマインドセットこそ、私達の未来の思考に関わっているように思えるのだ。このセンテンスが記された後も、東北の大震災、御嶽山の噴火、その他自然の気まぐれに、私達は翻弄されつづけている。現代人は古代人と比しても、自然を克服できてはいない存在として、さして変わらないのではないか?そんなはずではなかったのだが、と、歩きながら考える。人と自然との対峙の仕方のようなものの大局を、我が町の長い歴史的変遷を通して、感じることができるかもしれないと。

Earth Diving In Akasaka

2/1(日)13:00〜オープニングセレモニー (プレゼンテーション+パーティー)

2/1(日)〜 2/7(土)メイン開催 12:00-17:00 17:00〜大上がり小宴タイム(完全予約制)

2/8(日)〜2/28(土)展示延長期間

入場料 ケヤキ通りのケヤキの落ち葉?

Posted on 21:35 [edit]

category: 出来事/掲示板

tb: 0   cm: 0

ホダギ会議  

140620_hodagi.jpg

プロダクトデザイナーの下島啓吾氏に、案内してもらって伺った「hodagi」という店。杷木から東峰村へ向かう県道の途中に、本当に小さく看板が掛かっていて、ヨソ様の屋敷へお邪魔する感じで高台へ上がっていくと、そこに蔵があり、開口部が所々に上品に開けられ、室内は綺麗に改装されています。中へ入ると、窓から見える外の景色がきちんと計算されていることがわかり、家具にも気配が宿っています。なによりも野菜の料理がなんともいえず、美味しい。
その後縁在って、前回書き連ねた「ZAZEN椅子」のモデルををこのお店のお客さんの中から紹介していただきました。座禅の姿勢をとってもらいたかったので、ヨガをされている人であれば尚いいというお願いをしたところに、永石理美さんが来てくださいました。彼女もモデルを業としてやっているわけではなく、それを撮影するのもにわか似非カメラマン(アラフォーの2人)、互いに慌てましたが、文明の利器デジカメのおかげで事なきを得、撮影時間より長く、彼女を囲んで雑談をすることができました。
彼女は洋裁の人、洋服をつくる人で、とはいえ、ユニクロの工場にいる人ではなく、ほぼ一品生産の洋服をデザインし、製作?する人でした。社会的には、いわずもがな、少数派です。そのあたりが、一品生産を豪語する私達と重なってしまいました。大きな資本に裏付けされた技術に対して、個人に宿る技能のようなものが、果たして未来の社会にどういう存在であるべきか、こういうものは雑談としてではなく、キチンと場を設けて、会議にすべきと即座に思いました。(そう打ち出さないと、雑談が止められませんでした。)

第1回ホダギ会議(ゲスト:永石理美さん(洋裁))

場所:おやさいごはんのお店 hodagi 福岡県朝倉市杷木星丸1022-1
日時:11月22日(土)18:00~19:30 会議(食事込み)  一旦散会~そのまま自由参加の交流会
   21:00 閉会
会費:¥2300 食事代込み、ドリンクはキャッシュオンデリバリー
定員:10名
要予約:zabooon@plum.ocn.ne.jp(髙木)
    092-524-4123(設計+制作/建築巧房)
    080-5809-7878(hodagi)
企画運営:下島啓吾(sh360)/ 当日議長:髙木正三郎


Posted on 19:27 [edit]

category: 出来事/掲示板

tb: 0   cm: 0

2DayCafe&Gallery  

2DayCafe_flyer_20140705094058d20.jpg

Posted on 18:31 [edit]

category: 出来事/掲示板

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

最新記事

 

リンク

検索フォーム

QRコード

ブロとも申請フォーム